ご挨拶

我が国の高齢化は進み、呼吸器疾患の患者は増加の一途を辿っています。そして、アレルギー疾患の患者さんも増加し病態も多様化しています。

呼吸器・アレルギー内科では、①気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの気道疾患、②肺癌を主とする腫瘍性疾患、③特発性肺線維症を始めとした間質性肺疾患、④肺炎、結核、非結核性抗酸菌症などの呼吸器感染症、⑥睡眠時無呼吸症候群などの生活習慣と関連がある疾患、⑦肺高血圧症、肺動脈血栓塞栓症などの肺循環疾患、などを対象にしています。さらにこれらの疾患の中には膠原病をはじめとした全身性疾患の肺病変として、または他疾患の治療中の合併症・併存症として生じてくることがあるのも特徴です。呼吸器・アレルギー領域の専門医として自信と責任を持って多種多様な疾患の患者さんの診断と治療を行うためには、確かな知識と経験を会得していくことが必要です。

群馬大学呼吸器・アレルギー内科は、群馬県内・北埼玉の医療機関と密に連携しています。大学病院から地域の基幹病院、クリニック等それぞれの医療機関ごとの特徴があります。様々な医療機関での幅広い研鑽を通して、呼吸器・アレルギー疾患への知識と経験を兼ね備えた、総合的な視野で診療できる呼吸器・アレルギー内科医を育てています。そして、一人ひとりがそれぞれの能力を存分に自由に発揮し、群馬の医療、日本の医療、ひいては世界の舞台でも活躍できることを目標に取り組んでいます。

そして、学問としての呼吸器・アレルギー内科学の重要性も増すばかりです。呼吸器・アレルギー内科学ではまだまだ解明できていないことが多いです。新たな病態を解明する基礎研究を行う優れた人材、総合的な視野で新規の診断法や治療法を開発する臨床研究を行う優れた人材、そのような優れた人材を育成していくことは我々の喜びでもあります。是非、これからの未来を担う皆さんに世界に羽ばたいていって欲しい、そう強く望んでいます。

呼吸器・アレルギー内科を専門としている自分の未来を想像してみてください。きっと、そこには輝かしい未来が待っていると思います。未来のより良い医学・医療に向かって、共に学び、共に考え、時に共に悩み、そして共に高く羽ばたきましょう。

呼吸器・アレルギー内科 診療教授・診療科長 前野敏孝

呼吸器・アレルギー内科には、82名の医会員、9名の専攻医が在籍しています。前橋赤十字病院、伊勢崎市民病院、渋川医療センター、高崎総合医療センター、公立富岡総合病院、藤岡総合病院、桐生厚生病院、群馬県立がんセンターなど、群馬県内の多くの病院やがんセンターと連携して、気管支喘息、COPD、間質性肺炎、呼吸器感染症、肺癌など、幅広い呼吸器・アレルギー系疾患についての臨床、教育、研究を行なっています。当科の特色として、感染症、アレルギー、膠原病、悪性疾患など、多種多様な疾患の診療に携わるため、教育面では、呼吸器内科の専門領域にとらわれない総合的な内科診療の実力を身につけることができます。研究面では、気管支喘息、間質性肺炎、肺癌などの呼吸器疾患について様々な臨床研究や基礎研究を行っており、多くの医会員が国内や海外の留学を経験し、学位を取得しています。また、医会員の約2割が女性ですが、家庭と仕事のライフワークバランスを保ちながら活躍できることも魅力のひとつです。このように、各医会員の希望を尊重しながらキャリアアップが図れますので、当科での臨床研修や研究にご興味がある方は是非ご連絡をお待ちしています。人口の高齢化に伴って呼吸器・アレルギー疾患が増加する一方で、呼吸器を専門とする医師は全国的に不足しており、県内においても呼吸器内科医のニーズがあります。既に臨床研修を終えられて、群馬県や周辺近隣地域で働きたい希望のある呼吸器内科の先生がいらっしゃいましたら、是非ともご一報いただけると幸いです。

呼吸器・アレルギー内科 診療准教授・医会長 砂長則明

私は、群馬大学呼吸器・アレルギー内科の診療科長を2018年9月まで務め、10月1日よりは現職の群馬大学大学院保健学研究科教授として、引き続き呼吸器・アレルギー内科のメンバーといっしょに臨床・研究に励んでいます。群馬大学呼吸器・アレルギー内科学分野の、輝かしい永年の歴史(e.g. 日本アレルギー学会会長を3回、歴代の教授が務めています)の中で培われてきたいわば伝統芸を学んで、未来のより良い医療を創るために医学研究の推進を仲間とともに実践してきました。

呼吸器・アレルギー内科で主に担当する患者さんは、①気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性咳嗽などの気道疾患、②各種間質性陰影をきたすびまん性肺疾患、③肺癌を主とする腫瘍性疾患、④市中肺炎、院内肺炎などを中心とした呼吸器感染症、⑥肺高血圧、肺動脈血栓塞栓症などの肺循環疾患、⑦睡眠時無呼吸症候群などの異常呼吸疾患などがあります。さらに呼吸器・アレルギー内科では、これらの疾患の急性期呼吸管理などを要求される事も多くあります。このように多岐にわたる疾患に対して、専門医として自信と責任を持って診療していくためには、確かな知識、経験、テクニックそして何よりも主治医のハートが大切です。

世界に発信し続ける呼吸器・アレルギー学研究、そして目の前で待っている患者さんのために、私たちの築いてきたネットワークを活かして、より良い医療の実践を私たち呼吸器・アレルギーグループのメンバーといっしょにおこなってくれる仲間を待っています!

群馬大学大学院保健学研究科 教授 久田剛志