ご挨拶

群馬大学呼吸器・アレルギー内科学分野の、永年の歴史の中で培われてきたいわば伝統芸を学んで、未来のより良い医療を創るための医学研究の推進を私たちといっしょに実践していきませんか!

呼吸器内科で診る患者さんは、①気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性咳嗽などの気道疾患、②各種間質性陰影をきたすびまん性肺疾患、③肺癌を主とする腫瘍性疾患、④市中肺炎、院内肺炎などを中心とした呼吸器感染症、⑥肺高血圧、肺動脈血栓塞栓症などの肺循環疾患、⑦睡眠時無呼吸症候群などの異常呼吸疾患などに大別されます。
さらに呼吸器内科では、これらの疾患の急性期呼吸管理などを要求される事も多くあります。このように多岐にわたる疾患に対して、専門医として自信と責任を持って診療していくためには、確かな知識、経験、テクニックそして何よりも主治医のハートが大事です。
私たち群馬大学呼吸器・アレルギー内科および関連施設には、呼吸器疾患の各分野の専門医・指導医として熱いハートを持ったスタッフが揃っています。未来のより良い医療を創るための医学研究を私たちといっしょに推進していきましょう。

世界に発信し続ける呼吸器・アレルギー研究、そして目の前で待っている患者さんのために、ネットワークを活かしたより良い医療の実践。私たち呼吸器・アレルギーグループのメンバーといっしょにさらなる輝かしい歴史を築いていきましょう!

呼吸器・アレルギー内科 科長・診療教授 久田 剛志

我が国は高齢化社会が進み、呼吸器疾患の患者は増加の一途を辿っています。また、アレルギー疾患の患者さんも増加し病態も多様化してきています。

呼吸器・アレルギー内科は、肺がん、喘息などのアレルギー疾患、間質性肺炎、COPD、感染症、睡眠呼吸障害など非常に多岐にわたる疾患を対象にしています。さらにそれらの疾患が膠原病をはじめとした全身性の疾患の肺病変として、または種々の他疾患の治療中の合併症として生じてくることも多い、つまり他の診療科の先生方とも連携を密に取っていく必要があります。

このように呼吸器・アレルギー内科学の重要性は増すばかりで、多様な診療を担う優れた人材、また病態解明・新規診断や治療法の開発など基礎研究・臨床研究を担う優れた人材の育成が社会的に強く望まれています。

一方、呼吸器・アレルギー内科は、死と向き合う機会も少なくない診療科です。目の前の死の悲しみに打ちひしがれることも、医療の限界に苦悩することもあると思います。そういう時は、一人ではなく一緒に考え、悩みを共有していきましょう。

群馬大学呼吸器・アレルギー内科は、群馬県内・北埼玉の医療機関と密に連携しています。大学病院から地域の基幹病院、クリニック等それぞれの医療機関ごとの特徴があります。様々な場所での幅広い研鑽を通して、呼吸器・アレルギー疾患への知識と経験を兼ね備えた、総合的な視野で診療できる呼吸器・アレルギー内科医を育てています。そして、一人ひとりがそれぞれの能力を存分に自由に発揮し、群馬の医療、日本の医療、ひいては世界の舞台でも活躍できることを目標に取り組んでいます。

呼吸器・アレルギー内科に興味のある方は、ぜひ御連絡ください。共に学び、共に考え、時に共に悩み、そして共に前進していきましょう。

呼吸器・アレルギー内科 医会長 前野 敏孝