山口先生より、APRS2018の参加報告

【2018/12/09】

11月30日に台湾で開催されたAsian Pacific Society of Respirology(APSR) 2018に参加し、当院での抗MDA5抗体陽性の皮膚筋炎の臨床経過に関して報告してきました。当日は前野先生、久田先生、山口彩先生、竹村先生が応援に駆けつけてくださいました。
膠原病肺に関して日本・海外の他大学の先生ともdiscussionすることができました。本大学は症例も豊富のため今後も情報発信できるようにより一層頑張らねばと思う大変良い機会でした。
翌日は、現在高崎医療センターに出向中の竹村先生も、当院の皮膚筋炎の症例報告を行い、大変有意義な時間を過ごすことができました。
私達が台湾にいる間に、病棟対応して頂いた同僚の皆様には心より感謝申し上げます。
山口 公一

ページ先頭へ戻る