COVID-19治療の概況報告です

【2021/05/28】

COVID-19治療の概況報告です

 

5月26日の抄読会には多くの施設の先生にご参加いただきました。

大変ありがとうございました。

うち6施設の地域中核病院のCOVID-19治療の現状についてお話しを伺うことができました。

時間の関係上、おおまかな内容を簡単に伺っただけでしたが、6施設の現在の治療概況のまとめをご報告させていただきます。

 

群馬大学医学部附属病院では第4波の変異株によって症例の若年化と重症化が問題となっています。従来株はデキサメタゾンで抑えられる印象が強かったですが、変異株の重症度と重症化のスピードは従来株と異なっていてデキサメタゾン単剤ではとても太刀打ちできないケースが増えてきています。

 

今回の6施設の治療概況を伺った限りでは、レムデシビルやステロイドパルスを積極的に採用している施設もあれば全く使用してない施設もあったりと、中等症以上のCOVID-19治療が未だ手探りの状態で標準化していない問題が浮き彫りになったと感じました。

 

群馬大学医学部附属病院では酸素投与が開始となる中等症IIではデキサメサゾン開始、さらに悪化したりICUに入室するようになったケースに関しては、変異株が主流となった5月中旬以降はデキサメサゾンにレムデシビルとバリシチニブを併用するケースが増えてきています。

この治療方針は、日本国内のCOVID-19治療最前線の医療機関からの最近のご報告を参考にさせていただきながら決定したものです。

(本日公表された、COVID-19 診療の手引き 第5版でも中等症II以上で3剤併用療法がイラストで示されています。ステロイドとバリシチニブ併用の有用性はmedRxivで公表されたCOV-BARRIER試験でバリシチニブ併用群の死亡率の有意な低下が示され、特に高容量酸素投与か侵襲的人工呼吸症例の死亡率の改善効果が顕著だったようです。)

アクテムラは保険適応外なので当院では使用していません。

 

このまま第4波が収束してくれることを願いますが、COVID-19の流行状況を見ながら、来月の抄読会でも各病院の情報交換が出来ればと思っております。

 

古賀康彦

 

 

ページ先頭へ戻る