鶴巻先生よりメッセージ

鶴巻 寛朗
出身地:群馬県
出身大学:群馬大学
呼吸器・アレルギー内科の、臨床業務について教えて下さい。
気管支喘息、COPD、間質性肺炎、肺癌、結核、非結核性抗酸菌症、肺炎など多岐に渡る疾患の患者さんを診療しています。それぞれの疾患に対する治療は呼吸器・アレルギー内科カンファレンスやキャンサーボードなどの多職種カンファレンスで検討しており、多くの医療者の意見を聴くことができる環境です。大学病院は複数の疾患を持った患者さんが集まりますが、他診療科やメディカルスタッフと連携を取り全人的な医療を行っています。当科では、最先端の医療を提供できることを目指しています。ひとつの例としては、コントロールが難しい重症気管支喘息の方に対して生物学的製剤による治療を積極的に行っており、群馬県の施設では唯一気管支熱形成術が可能です。
呼吸器・アレルギー内科の、研究活動について教えて下さい。
世界に発信できる基礎研究および臨床研究を行っています。私は疾患モデルマウスおよび培養細胞を用いた基礎的な研究から臨床につながる気管支熱形成術の治療感受性マーカーやAsthma-COPD overlapのバイオマーカーに関する研究を行っています。これらの結果は論文や学会発表として、国内外で積極的に発表しています。気管支喘息に限らず、間質性肺炎、肺癌、COPDなどそれぞれが興味を持つ分野を深く研究できる環境です。
先輩医師として、後輩医師へのメッセージをお願いします。
多くの方が患う呼吸器疾患を診る医師は世の中で必要とされています。多くの人から必要とされるやりがいがある仕事を一緒にしませんか?呼吸器・アレルギー内科医が診療する領域はとても広く、まだわかっていないことが溢れており、今後ますます発展していく可能性が高い分野です。病態解明の一助となるオリジナリティの高い基礎研究や臨床研究を行って、誰も見つけていない事を一緒に見つけませんか?それぞれが努力した結果を認め合い、一緒に成長していきましょう。

将来のビジョンを教えて下さい。
一人一人の患者さんと向き合った呼吸器・アレルギー診療を基盤にして、更に患者さんを悩ませている病態を解明する一助となるような研究を行いたいと考えています。