月別お知らせ一覧: 2019年10月

鶴巻先生よりERS International Congress 2019 in Madrid 参加報告

2019/10/27 

スペイン、マドリードにおいて9/28-10/2まで開催されたERS International Congress 2019に参加して研究成果について発表する機会をいただきました。
スペインは地中海と大西洋に面しており、農作物や海産物がとても美味しい国です。マドリードでは、プラド美術館でゴヤやベラスケスの名画を鑑賞したり、レアル・マドリードやアトレティコ・マドリードといったリーガ・エスパニョーラトップチームのエキサイティングな試合を観戦したり、情熱的なフラメンコを鑑賞したりすることができます。
本学会では、呼吸器領域における各分野の基礎から臨床における最先端の研究について議論がなされておりました。私は大学院生の時から研究しているプロトン感知性GPCRの一つであるT cell death associated gene 8が気管支喘息において果たす役割について、動物モデルと細胞実験の解析結果をThematic poster sessionで発表しました。多くの研究者の先生方と研究内容についてディスカッションすることはとても刺激的であり、この研究に関する今後の方針について多くのヒントをいただきました。
世界有数の国際学会で発表、議論する貴重な機会をいただき感謝しております。この研究の成果が、いつか多くの方にとって有益なものになるように更に研究を進めていきたいと思います。また、これから我々と一緒に呼吸器学、アレルギー学を志す先生方にも、是非このような経験をしていただきたいと思います。

P.S. 学会後は、サングリアで乾杯し、パエリアを美味しくいただきました。

鶴巻寛朗

 

      

ページ先頭へ戻る

佐藤真季子先生より、ERS2019(Madrid, Spain)の参加報告

2019/10/24 

今回、2019年9月にスペイン・マドリードで開催された、The ERS International Congress 2019にて当科の研究成果を発表する機会に恵まれました。
喘息は近年抗体医薬や気管支温熱療法など治療方法の大きな進歩があり、現在も難治性喘息の治療に関する研究が多く進められています。
私はOral presentation sessionで、大学院の研究テーマである抗炎症性物質ResolvinE3の喘息に対する効果について、動物モデルと細胞実験の解析結果を発表させて頂きました。同分野を研究されている研究者の先生方から多くのご質問や討議を頂き大変勉強になりました。
学会は大変盛況で、研究の第一人者による講演やシンポジウムを通して、今後の研究、臨床に役立つ知見を多く得ることができました。
昨年パリで行われたERS 2018に引き続き発表する機会をいただけたことに感謝しております。今後も患者様へ還元できるような研究を更に進めて参りたい所存です。

 

佐藤真季子

ページ先頭へ戻る

10月16日 呼吸器・アレルギー内科論文抄読会のお知らせ

2019/10/09 

朝夕はめっきり冷え込むようになりました.皆様体調はいかがお過ごしでしょうか.

さて,来週10月16日(水)に第一回呼吸器・アレルギー内科論文抄読会を開催いたします.

 

場所:基礎研究棟1階特別会議室

時間:午後7時30分~8時30分ごろまで

当日は午後7時より薬剤説明会があります.奮ってご参加ください.

 

よろしくお願いいたします.

 

ページ先頭へ戻る

笛木先生より、第236回日本呼吸器学会関東地方会の発表報告

2019/10/03 

呼吸器・アレルギー内科専攻医の笛木瑛里と申します。9月21日に第236回日本呼吸器学会関東地方会にて「自然経過で肺病変が縮小したIgG4関連疾患の1例」について報告いたしました。発表準備のため論文等調べ直したり、当日様々な報告を聞くことができたりと、大変勉強になりました。三浦先生、砂長先生をはじめ、ご指導賜りました先生方ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

笛木瑛里

 

ページ先頭へ戻る