月別お知らせ一覧: 2018年09月

ERS2018(欧州呼吸器学会議 フランス・パリ)の参加報告

2018/09/30 
今回、欧州呼吸器学会議(ERS 2018)にて当研究室の研究成果を発表する機会に恵まれました。ERSは、胸部疾患に関する国際学会で、今年は9月15日から9月18日までフランス・パリで開催されました。
 各分野の第一人者による講演内容は最新のトピックに関するものが多く、今後の研究、臨床に役立つ知見を多く得ることができました。
今回私は一般演題で抗炎症性物質Resolvinについての発表をさせて頂きました。
多くの研究者の方々とディスカッションを行い様々な視点からの質問や助言を頂く事が出来、大変貴重な経験となりました。
今回の経験を今後の研究に生かしていく所存です。
佐藤真季子
 佐藤先生、久田先生、土橋先生と、ERS2018に参加してきました。抗炎症性脂質メディエーターである17(R)-ResolvinD1の肺線維症抑制作用の検討について発表してきました。4回目のERSでの演題発表でしたが、発表時にはやはり緊張しました。しかし、英語で発表し、世界の研究者達と交流を深め、知識を獲得し、自身の経験をまた積むことができました。機会あればまた、海外学会発表に挑戦したいと思います。
※初めてのフランス・パリ訪問は最高の旅路でした。芸術の街パリを堪能できました。
矢冨正清
      
ページ先頭へ戻る

初期研修医2年目先生方の勧誘会

2018/09/12 

9/6(木)夜に初期研修医2年目の先生を対象に勧誘会を開催させていただきました。

前橋市中心部の和食店で開催いたしました。2年目研修医5人の先生方にご参加いただきました。当科入会を既に決めている先生、

迷われている先生もおりましたが、当科のことを理解していただけた機会になってくれれば幸いです。

参加された先生方とは是非、来年度一緒に働ければと願っております。何卒宜しくお願いいたします。

また参加していただいた現医会員の皆さま、お疲れ様でした。

 

文責 原

 

ページ先頭へ戻る

第231回日本呼吸器学会関東地方会で宇野先生が発表

2018/09/03 

長月に入っても夏のように暑い中、

9月1日(土)新宿京王プラザホテル43階で第231回日本呼吸器学会関東地方会が開催されました。

 

シニアレジデントの宇野翔吾先生に発表していただきました。

先生の発表していただいたセッションは聞いたこともないような稀な発表も多かったですが、

宇野先生の発表も、演題名『骨盤内リンパ管腫に対する塞栓術後に縮小したヌーナン症候群合併縦隔内リンパ管腫の一例』

という非常に稀な症例の発表でした。先生のプレゼンテーションは準備も完璧で、非常にスムーズな発表であったかと思います。

 

宇野先生、お疲れ様でした!!

 

文責 原

ページ先頭へ戻る