お知らせ

鶴巻先生よりERS International Congress 2019 in Madrid 参加報告

2019/10/27 

スペイン、マドリードにおいて9/28-10/2まで開催されたERS International Congress 2019に参加して研究成果について発表する機会をいただきました。
スペインは地中海と大西洋に面しており、農作物や海産物がとても美味しい国です。マドリードでは、プラド美術館でゴヤやベラスケスの名画を鑑賞したり、レアル・マドリードやアトレティコ・マドリードといったリーガ・エスパニョーラトップチームのエキサイティングな試合を観戦したり、情熱的なフラメンコを鑑賞したりすることができます。
本学会では、呼吸器領域における各分野の基礎から臨床における最先端の研究について議論がなされておりました。私は大学院生の時から研究しているプロトン感知性GPCRの一つであるT cell death associated gene 8が気管支喘息において果たす役割について、動物モデルと細胞実験の解析結果をThematic poster sessionで発表しました。多くの研究者の先生方と研究内容についてディスカッションすることはとても刺激的であり、この研究に関する今後の方針について多くのヒントをいただきました。
世界有数の国際学会で発表、議論する貴重な機会をいただき感謝しております。この研究の成果が、いつか多くの方にとって有益なものになるように更に研究を進めていきたいと思います。また、これから我々と一緒に呼吸器学、アレルギー学を志す先生方にも、是非このような経験をしていただきたいと思います。

P.S. 学会後は、サングリアで乾杯し、パエリアを美味しくいただきました。

鶴巻寛朗

 

      

ページ先頭へ戻る

佐藤真季子先生より、ERS2019(Madrid, Spain)の参加報告

2019/10/24 

今回、2019年9月にスペイン・マドリードで開催された、The ERS International Congress 2019にて当科の研究成果を発表する機会に恵まれました。
喘息は近年抗体医薬や気管支温熱療法など治療方法の大きな進歩があり、現在も難治性喘息の治療に関する研究が多く進められています。
私はOral presentation sessionで、大学院の研究テーマである抗炎症性物質ResolvinE3の喘息に対する効果について、動物モデルと細胞実験の解析結果を発表させて頂きました。同分野を研究されている研究者の先生方から多くのご質問や討議を頂き大変勉強になりました。
学会は大変盛況で、研究の第一人者による講演やシンポジウムを通して、今後の研究、臨床に役立つ知見を多く得ることができました。
昨年パリで行われたERS 2018に引き続き発表する機会をいただけたことに感謝しております。今後も患者様へ還元できるような研究を更に進めて参りたい所存です。

 

佐藤真季子

ページ先頭へ戻る

10月16日 呼吸器・アレルギー内科論文抄読会のお知らせ

2019/10/09 

朝夕はめっきり冷え込むようになりました.皆様体調はいかがお過ごしでしょうか.

さて,来週10月16日(水)に第一回呼吸器・アレルギー内科論文抄読会を開催いたします.

 

場所:基礎研究棟1階特別会議室

時間:午後7時30分~8時30分ごろまで

当日は午後7時より薬剤説明会があります.奮ってご参加ください.

 

よろしくお願いいたします.

 

ページ先頭へ戻る

笛木先生より、第236回日本呼吸器学会関東地方会の発表報告

2019/10/03 

呼吸器・アレルギー内科専攻医の笛木瑛里と申します。9月21日に第236回日本呼吸器学会関東地方会にて「自然経過で肺病変が縮小したIgG4関連疾患の1例」について報告いたしました。発表準備のため論文等調べ直したり、当日様々な報告を聞くことができたりと、大変勉強になりました。三浦先生、砂長先生をはじめ、ご指導賜りました先生方ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

笛木瑛里

 

ページ先頭へ戻る

小林先生より第2回日本アレルギー学会関東地方会の発表報告

2019/09/23 

呼吸器・アレルギー内科専攻医の小林頂と申します。2019年9月14日に、第2回日本アレルギー学会関東地方会に一般演題の発表者として参加してきました。演題は「全身ステロイド治療を要する好酸球性胃腸炎併存難治性喘息に対してベンラリズマブが有効であった一例」です。今まで地方会発表の機会は幾度かあったのですが、内科系の発表は初めてだったため、自分にとって新鮮な体験でした。
今回の経験を通して、発表内容の試行錯誤だけでなく、論文の選び方・読み方なども勉強になりました。また、日々の診療において考えさせられるような内容の演題や講演も多くあったため、今後も機会があれば積極的に学会に参加したいと思います。矢冨先生始め多くの先生方の指導、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

小林 頂

また今回のアレルギー学会関東地方会では、群馬大学大学院保健学研究科教授の 久田剛志先生が教育セミナー(ランチョン)の座長を、群馬大学医学部附属病院 呼吸器・アレルギー内科 助教の原健一郎先生が、一般演題の座長を務められました。

 

 

 

ページ先頭へ戻る

県内レジデント医師の勧誘会

2019/09/05 

 9月4日、毎年恒例の群馬県内の中核病院のレジデントの先生を招待し、勧誘会を行いました。各病院の先生が、呼吸器内科医の仕事の魅力をアピールしました。少しでも呼吸器内科に興味をもってくれた先生は、是非、気軽に各病院の呼吸器内科の先生に相談してみて下さい。共に、将来の呼吸器内科の発展に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ戻る

夏の病棟懇親会の開催

2019/07/18 

7月12日に病棟懇親会を行いました。病棟で働く、呼吸器内科と消化器内科のスタッフの合同の懇親会でした。当日はまだ猛暑というには程遠い気候でしたが、全員が熱く語り合い、時がたつのを忘れて盛り上がりました。

ページ先頭へ戻る

初期研修医の中村美紀先生が、第651回日本内科学会関東地方会奨励賞を受賞しました。おめでとうございます。

2019/06/25 

2019年6月8日に東京国際フォーラムで開催された第651回日本内科学会関東地方会に参加し、三浦先生のご指導のもと、「肺炎球菌ワクチン接種を契機とした好酸球増多症が疑われた1例」について発表してまいりました。参考文献を読み、指導医の先生方と考察をまとめる過程はとても勉強になりました。先生方の細やかなご指導のおかげで無事発表を終え、奨励賞を受賞することができました。今回の経験を生かして、残りの研修も頑張りたいと思います。貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。

中村 美紀

ページ先頭へ戻る

砂長先生の、「Cancer Cell International 」Associate Editor就任のお知らせ

2019/06/04 

当科の砂長先生が「Cancer Cell International (2017 Journal Impact Factor 3.960)」のAssociate Editorに就任致しました。おめでとうございます。
https://cancerci.biomedcentral.com/about/editorial-board

ページ先頭へ戻る

山口公一先生より、ATS2019(米国胸部学会 Dallas)参加報告

2019/06/03 

2019年ATSで発表してきました。昨年のAPSRに続き自身としては2回目の国際学会の発表になります。ATSは規模も大きく様々なセッションがあり大変勉強になりました。

また日本人も多数発表しており様々な施設の先生の交流を持つことができ、人と人の交流が新たな研究や発見を生むことを実感しました。本年度大学院を無事卒業しましたが、海外では博士号があることが非常に重要視される印象で、今まで臨床と研究をやってきた意味を改めて実感することができました。ダラスの滞在期間中、本院や元々の出身大学で留学中の友人に会うことができとても刺激的な毎日でした。

今回学会の期間中、サポート頂いた病棟チームメンバー並びに家族へ感謝とともに、今後も患者様のために臨床・研究とも精進していきたいと思います。

山口 公一

 

 

 

ページ先頭へ戻る