お知らせ

学生・研修医向けミニレクチャー リマインド

2020/11/02 

学生の皆様、研修医の皆様

ぜひ、一緒に勉強してみませんか?
Zoomでの開催のため、お気軽にご参加ください。
御参加をご希望の方は以下の連絡先までお知らせください。よろしくお願いします。

=========================================
群馬大学 呼吸器・アレルギー内科 学生・研修医向けミニレクチャー
①役に立つ!胸部レントゲンの見方!
2020年11月4日(水)19:00~  髙野 峻一先生

②国試に出るかも!?呼吸器内科の最近の話題
2020年11月11日(水)19:00~   宇野 翔吾先生
2020年11月18日(水)19:00~      申 悠樹先生

 

連絡先:鶴巻寛朗

TEL: 027-220-8000
住所:前橋市昭和町3丁目39番15号
ページ先頭へ戻る

学生・研修医向けオンラインミニレクチャー

2020/10/20 

11月にミニレクチャー企画しています。

登録不要ですので奮ってご参加ください

 

 

ページ先頭へ戻る

学生・初期研修医向け説明会、7/22本日です!!

2020/07/22 

学生・初期研修医の皆さま

学生、初期研修医を対象に 下記日程でZoom 説明会を行います 。
抄読会も参加できます。

7 月 22 日  水 18:00 〜
※19:00 から 論文 抄読会 あり

を予定しております

呼吸器・アレルギー内科説明会ポスター 200722当日用

 

興味のある方は下記までご連絡 を!
説明会担当:鶴巻 m12702056@gunma u.ac.jp
抄読会担当:笠原 m14702016@gunma u.ac.jp

ページ先頭へ戻る

笠原先生, Thoracic cancer誌など2論文publish

2020/07/08 
当科、笠原礼光先生の下記2誌がpublishされました。
おめでとうございます!!
Glasgow Prognostic Score Predicts Efficacy and Prognosis in Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Receiving EGFR-TKI Treatment
Thorac Cancer. 2020 Jun 3. doi: 10.1111/1759-7714.13526
Administration of Docetaxel Plus Ramucirumab With Primary Prophylactic Pegylated-Granulocyte Colony-Stimulating Factor for Pretreated Non-Small Cell Lung Cancer: A Phase II Study
Support Care Cancer. 2020 Jan 25. doi: 10.1007/s00520-020-05317-z.
ページ先頭へ戻る

砂長先生Editorial Board member就任

2020/07/01 

当科診療副科長の砂長則明先生が

Cancers (IF 6.126, https://www.mdpi.com/journal/cancers/editors#editorialboard ) from June 2020
Precision Cancer Medicine (http://pcm.amegroups.com/about/editorialTeam ) from June 2020

上記2つのJournalのEditorial Board memberに就任されました。

ご就任おめでとうございます。

ページ先頭へ戻る

Thoracic cancer誌に掲載

2020/06/25 

2020年6月12日付けで『Successful afatinib rechallenge in a patient with non-small
cell lung cancer harboring EGFR G719C and S768I mutations』がThorachic cancer誌にpublish

されました。著者の増田先生、砂長先生、おめでとうございます。

 

 

https://doi.org/10.1111/1759-7714.13532

 

ページ先頭へ戻る

NEJM掲載

2020/06/09 

 2020年4月NEJM に下記論文が掲載されました。

診療科長の前野敏孝先生、共同著者での掲載おめでとうございます。

当科のモチベーションにも繋がるかと思います。

Compassionate Use of Remdesivir for Patients With Severe Covid-19

 

 

ページ先頭へ戻る

学生・研修医向け説明会

2020/06/08 

学生・初期研修医の皆さま

 学生、初期研修医を対象に 下記日程でZoom 説明会を行います 。
抄読会も参加できます。

  第1 回  6 月 24 日  水 18:00 〜
 第2 回  7 月 22 日  水 18:00 〜
※両日とも 19:00 から 論文 抄読会 あり

 を予定しております

 

 詳細は下記リンクをクリックしてポスターをご参照ください

呼吸器・アレルギー内科説明会ポスター 200607

 

興味のある方は下記までご連絡 を!
説明会担当:鶴巻 m12702056@gunma u.ac.jp
抄読会担当:笠原 m14702016@gunma u.ac.jp

ページ先頭へ戻る

学生臨床実習再開(オンライン実習)につきまして

2020/05/20 

新型コロナウイルス感染症対策のため、現在、群馬大学では講義がオンラインで行われておりますが、2020年5月18日より医学科5年生を対象とした臨床実習もオンラインで再開となりました。実習とは、患者さんとお話をして、診察をさせていただき、多くのことを勉強させていただくものであり、それを全てオンラインで行うことには限界があると思いますが、学生の皆様が少しでも呼吸器・アレルギー内科の診療を勉強していただけるようお手伝いしていきたいと思っております。

学生実習担当 鶴巻寛朗

ページ先頭へ戻る

齋藤悠先生より 第3回アレルギー学会関東地方会のシンポジウム発表の御報告

2020/03/31 

2020年 2 月 15 日(土) 会 場:秋葉原コンベンションホールで行われた第3回アレルギー学会関東地方会にて発表してきました。今大会の会長である東京医科大学皮膚科学分野教授 大久保ゆかり先生の企画の下、最近のアレルギーの知見~各科女性医師・若手医師の活躍というシンポジウムで、内科の立場から「Resolvin E3 (RvE3)のマウス気管支喘息モデルにおける効果に対する解析」というテーマで発表させていただきました。新規の脂質メディエーターであるResolvin Eシリーズはオメガ3系脂肪酸から派生し、強力な炎症収束作用を持つ物質として同定されました。今回、私達はResolvin Eシリーズのうち、Resolvin E3がマウス気管支喘息モデルに対し気道抵抗改善作用や抗炎症性効果をもたらすことを発見し、2019年11月にFASEB journalに掲載され、今回のシンポジウムではこの論文について発表させていただきました。会場では多くの先生から質問をいただきました。ResolvinシリーズのうちのE1、E2、E3の違いや臨床への応用など興味を持っていただくことができました。また、同じセッションでは小児科、皮膚科、耳鼻科の先生の研究発表もあり充実したシンポジウムとなりました。

このような機会を与えてくださった会長の大久保先生、座長を務めていただいた東京女子医科大学内科学第一講座の多賀谷悦子先生、獨協医科大学医学部皮膚科学講座の井川健先生に深謝いたします。

齋藤 悠

ページ先頭へ戻る