北原先生より、第59回日本肺癌学会参加報告

【2018/12/09】

11月29日から12月1日まで、新宿の京王プラザホテルで開催された、第59回日本肺癌学会学術集会に参加しました。

免疫療法、化学放射線療法+免疫療法、EGFR遺伝子変異陽性肺癌の治療に関するシンポジウムなどに出席し、ポスターセッションでは免疫療法の有効性や有害事象について後向きに解析した多数の報告を聞いてきました。直ぐにでも、自分が担当している患者様に応用できそうな内容もあり、今回得られた知識を、これからの診療で実践していければと思います。

日常診療が忙しい時期にも関わらず、今回の学会に参加させて頂き、呼吸器・アレルギー内科をはじめとした病院スタッフの皆様に感謝致します。

北原 信介

ページ先頭へ戻る