米国Augasta大学のItokazu先生訪問

【2017/09/15】

9/12(火)アメリカジョージア州にあるAugasta大学で主に神経再生における糖脂質の研究をしている

Itokazu Yutaka先生が 当科に訪問いただきました。先生と投稿者である私はMayo clinic留学時に、全く別の研究室では

ありましたが仲良くさせていただいており、その縁で遥々群馬までお越しいただきました。先生は京都大学をご卒業されて、解剖学教室から10年前にフィンランド

のヘルシンキ大学へ留学、その後Mayo Clinicへ、5年前より現在のAugasuta大学で研究されております。今回ソウルで行われた神経再生の

国際学会で招請講演あり、その序でに10年ぶりに日本へ一時帰国されました。私も日本では初めてお会いしました。

今回御越しいただいた理由は、先生が神経再生のプロジェクト以外に、Cystic fibrosisにおけるCTFRと糖脂質との関係も研究されており

呼吸器内科の先生とディスカッションを希望され、短い時間ではありましたが当科へ訪問いただきました。ERS出席の先生もおられましたので

前野先生、古賀先生、小野先生、矢富先生、原の5人に出席いただきました。呼吸器領域の疾患と糖脂質との研究はまだほとんどされておりませんので

今後コラボレーションで研究できればと思っております。またいつかItokazu先生の元へ海外留学する方がでてきてくれると嬉しいですね。

ご出席の先生方は大変ありがとうございました。

右から2番目がItokazu先生です

ページ先頭へ戻る